包茎とは、亀頭の一部もしくは全体が包皮に覆われた状態のことを指します。
幼い頃は亀頭と包皮が癒着しているので亀頭が自然に露出することはありませんが、成長とともに癒着が少しずつとれていき、思春期になると徐々に露出した状態になっていきます。
しかし、男性器の成長や包皮の量には個人差があるため、成長期を終えても亀頭が完全に露出しないケースも少なくありません。

また、一口に包茎と言っても、亀頭の露出具合によって大きく仮性包茎・真性包茎・カントン包茎の3種類に分類されます。
種類によって放置した際のリスクが異なるので、包茎に悩んでいる方はまず自身の包茎の種類を知ることから始めることが大切です。

仮性包茎の特徴と放置した際のリスクについて

仮性包茎とは、通常時は亀頭が包皮に覆われているものの、手で剥けば簡単に亀頭を露出させることができる状態で、日本人に最も多いタイプと言われています。
症状には個人差があり、勃起時に自然と亀頭が露出する方もいれば、勃起しても亀頭のほとんどが包皮に覆われた状態の方もいますが、勃起した際に痛みや締め付けを感じることなく亀頭を露出させることができれば仮性包茎となります。

また、このタイプは医学的には問題がない状態とされているため、必ずしも治療を受ける必要はありません。
しかし、仮性包茎の方は通常時に亀頭が包皮に覆われているので、包皮の中に恥垢がたまりやすいという問題があります。
恥垢とは、尿や精液などが乾燥した白いカスのことです。
恥垢は雑菌の温床となるので、恥垢がたまった状態を放置すると悪臭が発生したり、亀頭包皮炎を発症したりする恐れがあります。
そのため、毎日入浴の際に亀頭を露出させて丁寧に洗い、常に清潔な状態を維持することが重要です。

また、正常な方と比べて亀頭が敏感になっているので、早漏になりやすいという問題もあります。
女性の膣に挿入してから数秒で射精してしまう方も少なくありませんが、早漏の原因が包茎の場合は手術を受けることで改善する可能性が高いです。

真性包茎の特徴と放置した際のリスクについて

真性包茎とは、包皮先端の包皮輪が極端に狭いことが原因で、正常時も勃起時も包皮を剥いて亀頭を露出させることができない状態のことを指します。
亀頭が常に覆われているので、亀頭の成長が妨げられて先細りの男性器になりやすいという特徴があります。
真性包茎の方は、包皮を引っ張ることで亀頭の一部を露出させることができても、途中で痛みや締め付け感を感じるために完全に露出させることはできません。
中には包皮の内側と亀頭が癒着してしまっている方も多く、3種類の中で最も重症なタイプと言われています。

また、真性包茎の方は亀頭を露出させて洗うのが難しく、仮性包茎の方よりも恥垢がたまりやすいので、悪臭や亀頭包皮炎のリスクが高まります。
特に亀頭や包皮内側の炎症を繰り返していると癒着が起こって症状が悪化する恐れがありますし、不衛生な状態を放置すると性感染症のリスクも高まってしまいます。
加えて、性行為時のピストン運動によって激しい痛みを感じて、正常な性行為を行うのが難しいという方も少なくありません。
コンドームが途中で外れてしまうリスクも高まるので、日常生活に問題がないと感じていても可能な限り早めに治療を受けることをおすすめします。

カントン包茎の特徴と放置した際のリスクについて

カントン包茎とは、包皮輪が非常に狭いために亀頭を露出させようとすると、亀頭の根元部分が締め付けられてしまう状態のことを指します。
症状は人それぞれで、正常時であればスムーズに亀頭を露出できる方もいれば、正常時でも途中で痛みを感じて完全に露出させるのが難しい方もいますが、亀頭が包皮に締め付けられた状態を放置すると水膨れのように腫れあがって元の状態に戻せなくなる恐れがあります。
この状態を放置すると、亀頭への血流が妨げられて組織が壊死してしまうこともあるので、包皮が元に戻らなくなった場合は早急な手術が必要です。

また、性行為などの際に意図せずに包皮が剥けて元に戻せなくなってしまうケースや、無理に露出させようとして包皮が裂けて出血してしまうケースも少なくないので注意が必要です。
加えて、他の包茎同様に悪臭や亀頭包皮炎、性感染症、早漏などのリスクも高まりますし、炎症を繰り返すことで皮膚が硬くなって真性包茎へと移行するケースもあります。
カントン包茎は、小学生や中学生といった低年齢の方に多い傾向がありますが、成人後もカントン包茎が治らないという場合は可能な限り早めに治療を受けることが大切です。

まとめ

包茎であることをコンプレックスに感じている男性は非常に多いかと思いますが、包茎と一口に言っても亀頭と包皮の状態によって大きく3つのタイプに分類されます。
仮性包茎の方は適切なケアを欠かさなければ大きな問題につながらないので、必ずしも治療を受ける必要はありません。
しかし、真性包茎やカントン包茎は正常な性行為が難しいという問題があるとともに、放置することで様々なリスクが高まるので早急な治療を検討しましょう。
また、仮性包茎の方も、早漏に悩まされている場合や強いコンプレックスに感じている場合は治療を受けることをおすすめします。